previous arrow
next arrow
Slider

「#ふわっしゅ2018」で投稿しよう!

モニター会員募集中

日常の「ふわっしゅ」ライフを
ご投稿ください

◎毎日お洗濯で気づいたこと…

◎お洗濯の工夫、干すときのアイデア、
ベランダ干し、部屋干し…その他いろいろ

100%天然成分だから食べても安全、肌にも安心

ふわっしゅは、肌と環境へのやさしさにこだわり、100%天然原料でつくった衣類洗い剤です。主成分はミネラル、青森ヒバ、オレンジ、大豆レシチン(非遺伝子組換え大豆使用)、EM発酵物質(人に有用な働きをする微生物群)だけ。界面活性剤不使用のため、新生児やアトピーの方にも安心です。すべて食品に準ずるものからできていて、万が一誤飲しても大丈夫(第3者機関で確認済み)。また排水に浄化作用があるので環境を汚さず、洗濯槽の裏にも汚れが付きにくくなります。

これ1本で柔軟剤不要、おしゃれ着洗いにも使えます

ミネラルやハーブなど自然の力を利用した独自の洗浄法ですが、洗浄力は植物性由来の界面活性剤を使った液体石けん洗剤よりも高く、日常生活の汚れであれば十分に落とします。洗い方は一般的な液体洗剤と同じ。弱酸性だから洗い上がりのゴワつきがなく、柔軟剤を使わなくてもふんわり。ウールやシルクなどのおしゃれ着にも使え、すすぎ洗いは一度でOKです。1回当りの使用量がとても少ないので、30ℓで洗った場合の価格は38円とコスパの良さも自慢です。

News Release

Coming Soon

Pick Up Interview

Coming Soon

界面活性剤に頼らなくても、汚れは落ちる

大豆レシチンが界面活性剤の役割をし、汚れを浮かします。それをミネラル水が溶かし、EM発酵物質が分解。さらにハーブエキス(青森ヒバ、オレンジ)が汚れの再付着を防ぎ、抗菌・消臭します。独自の洗浄法ですが、洗浄力は石けん洗剤よりも高く(第3者機関試験済み)、日常の汚れもしっかり落とします。

日常汚れをしっかり落とす

 洗浄力は第三者機関で実証済みです。

すすぎも1回でOK。
柔軟剤いらずでふわふわ

1回当りの使用量が少なくすむので、他のエコ洗剤に比べてコスパにすぐれています。また、すすぎも1回でOKなので節水にも効果的。弱酸性なので洗い上がりのゴワつきがなく、柔軟剤を使わなくてもふんわりと仕上がります。ふわっしゅ1本でおしゃれ着洗いにも使えるのも嬉しいポイントです。

エコ洗剤の中でも高コスパ

 毎日洗濯しても安心です。

「ふわっしゅ」汚れの落ちるメカニズム

【汚れの落ちるメカニズム】

大豆レシチンが界面活性の役割をし、汚れを浮かび上がらせます。その汚れを、ミネラルが水中に溶かし込み、
発酵物質が分解。ハーブが汚れの再付着を防ぎ、抗菌消臭をします。

家族みんなで使える、肌と地球に優しい洗剤

天然成分100%で、敏感肌などの肌トラブルの予防に。万が一、口に入っても安全で、
赤ちゃんから大人まで幅広くお使いいただけます。

●成分:ミネラル水(トルマリン、備長炭)、ハーブエキス(青森ヒバエキス、オレンジエキス)、大豆レシチン(非遺伝子組み換え大豆のみ使用)、EM発酵物質 ●液性:弱酸性 ●用途:ウール、コットン、シルク、合成繊維用 ●使用量目安:洗濯 用水30ℓに対し10㎖ ●製造国:日本

赤ちゃんが本来持つ肌機能を守る

「おとなのふわっしゅ」と成分は同じですが、抗菌成分を抑え、赤ちゃんの肌が本来持っ
ているバリア機能を守ります。

●成分:ミネラル水(トルマリン、備長炭)、ハーブエキス(青森ヒバエキス、オレンジエキス)、大豆レシチン(非遺伝子組み換え大豆のみ使用)、EM発酵物質 ●液性:弱酸性 ●用途:ウール、コットン、シルク、合成繊維用 ●使用量目安:洗濯 用水30ℓに対し10㎖ ●製造国:日本

エビデンス関係

以下すべての試験を第3者機関で行っております
■ 経口毒性試験 ............ 異常及び死亡例なし。LD50値は20ml/kgを超える。
■ 皮膚刺激性試験 .......... 無刺激性の範疇
■ 脱臭効果試験 ............ アンモニア、トリメチルアミン
■ 抗菌力試験 .............. 大腸菌、黄色ブドウ球菌
■ 生分解試験 .............. 14日間で92%
■ 洗浄力試験
■ 圧縮弾性率試験

しぜんのめぐみすい「ふわっしゅ」の原材料

※「しぜんのめぐみすい」の商品は、これらの材料を使って作られています。各商品に適した分量で、商品の目的に合わせて配合、分量を変えています。

・ミネラル(トルマリン、備長炭)

《トルマリン》

空気の浄化、脱臭効果、抗菌作用による鮮度維持、界面活性効果、洗浄効果、水のミネラル化、植物の発育・育成、遠赤外線を発生、美白、美容、生物の細胞活性化、殺菌、漂白、老化防止、新陳代謝促進、温熱治療、電位治療 等。

・ハーブ(青森ヒバ、オレンジ)

《青森ヒバ》

青森ヒバ油に含まれるヒノキチオールには、アトピー性皮膚炎の原因となっている黄色ブドウ球菌を抗菌できるといわれている。殺菌・抗菌作用、美白作用、炎症を鎮める、皮膚の引き締め、新陳代謝活性、精神安定効果、防虫効果、消臭脱臭効果 等。

《オレンジ》

リフレッシュ・リラックス効果、収れん作用、保湿作用、皮膚活性化作用、皮膚柔軟化作用、免疫促進効果除菌、除菌・殺菌作用、坑炎症作用血流促進効果、体温を温める効果 等。

・大豆レシチン・・・・・・

大豆に含まれる物質の中でも不飽和脂肪酸のことです。「若返りの栄養素」とも呼ばれています。レシチンは、リン脂質と呼ばれる脂質の一種で、水になじむ特性と油になじむ特性の両方を持ち合わせています。

・発酵物質・・・・・・・・

善玉菌といわれている微生物から構成され、自然界に生息している微生物の中から、自然界を浄化する働きをもつ有用な微生物のことを指します。腐ったり、病気になったりするのを防ぎ、汚れの成分を分解する働きもあります。

・ホホバ油・・・・・・・・

オイルの中でもとても安全性が高く、低刺激。保湿効果、抗酸化作用、老化防止、肌のバリア効果 等。

・スクワレン・・・・・・・

スクワレンは昔から万病に効く万能薬として重宝されており、現在もさまざまな効能を期待して化粧品やサプリメントなどに配合されています。細胞賦活作用、免疫力の強化、抗酸化作用、鎮痛作用、殺菌作用、浸透作用 等。

・スクワラン・・・・・・・

スクワランはスクワレンに化学的に水素を添加して安定させた(酸化しにくい状態にした)もの。